青汁に含まれるケールってなに?

青汁というと、文字の通りの緑色の飲み物です。まだ、まずいことが取り上げられてコマーシャルなどをされていたころはケールという野菜をメインで利用していました。今は飲みやすさを重視した大麦若葉なども普及していますが、青汁といえばケールというはいつの時代も変わらないものです。


青汁を飲んだ!という感じが欲しい人に

昔から、「良薬は口に苦し」といいますよね。なんだか薬が飲みやすいと身体に聞くと思えない、という人はいることかと思います。青汁も同じように、あまりにあっさりと飲めてしまうのは、飲んだという気がしないという方におすすめするのがケールを使った青汁です。苦みと青臭さが強いので、飲みなれていない人や、嗅覚が敏感な人にはあまりオススメされないそうです。


妊婦さんにはもちろん、アレルギーに効果が見られることも

ケールにはビタミンが豊富に含まれていると言われているそうです。その中でもビタミンA、C,カロチンなど普段から意識して大目に摂取しておきたいと言われている栄養素も非常に豊富です。成人病や生活習慣病、アレルギー体質などに効果が高い栄養が多いので、年齢を問わず、ケール独特の苦みやにおいさえクリアできれば、と言われているそうです。