青汁に含まれるケールってなに?

Featured

青汁というと、文字の通りの緑色の飲み物です。まだ、まずいことが取り上げられてコマーシャルなどをされていたころはケールという野菜をメインで利用していました。今は飲みやすさを重視した大麦若葉なども普及していますが、青汁といえばケールというはいつの時代も変わらないものです。


青汁を飲んだ!という感じが欲しい人に

昔から、「良薬は口に苦し」といいますよね。なんだか薬が飲みやすいと身体に聞くと思えない、という人はいることかと思います。青汁も同じように、あまりにあっさりと飲めてしまうのは、飲んだという気がしないという方におすすめするのがケールを使った青汁です。苦みと青臭さが強いので、飲みなれていない人や、嗅覚が敏感な人にはあまりオススメされないそうです。


妊婦さんにはもちろん、アレルギーに効果が見られることも

ケールにはビタミンが豊富に含まれていると言われているそうです。その中でもビタミンA、C,カロチンなど普段から意識して大目に摂取しておきたいと言われている栄養素も非常に豊富です。成人病や生活習慣病、アレルギー体質などに効果が高い栄養が多いので、年齢を問わず、ケール独特の苦みやにおいさえクリアできれば、と言われているそうです。

青汁の原料・大麦若葉

青汁と一言で言っても、何を原料にしているかで、その青汁の特性が違います。近頃人気は大麦若葉です。青臭さといったクセのあるニオイもなく、味も爽やかですので、大変飲みやすく、続けやすいという感想が持たれています。他の素材とも合わせやすいことから、お茶やサプリメントにも加えられているものも見られます。青汁は原料の素材そのものが製品の特徴となりますので、大麦若葉であれば大麦若葉の持ってる成分と添加されているものとがそのまま反映します。そのため栽培方法や無農薬にこだわって作られているものが多く見られます。毎日飲み続けるものだからこそ、身体に良いものを取り入れたいものです。


<大麦若葉の特性>

大麦若葉はカリウムやビタミンB1が多く含まれているため、血液がサラサラになって血圧の上昇が抑えられるとされています。また豊富なビタミンCが美白や美肌にも働きかけ、肌トラブルに悩んでいる人にも効果が期待できます。ノンカフェインですので刺激物の摂取に気を使っている人にも安心して飲めます。ただ中には嗜好品としての飲みやすさの追求のためにカフェインをわざと添加しているものもあります。大麦若葉としょうがなどをブレンドしている製品もあります。

青汁ダイエットはいつ飲むのが効果的か

青汁ダイエットという言葉が生まれるほどダイエットの定番です。他のダイエット方法と違って幅広い栄養素を含んでいるため特定の栄養不足による体調不良も起こしにくく健康的に痩せることができます。青汁を飲むタイミングはダイエットに影響はあるので注意が必要です。


<ダイエット効果>

何故ダイエットに効くのかというと、まず食物繊維で老廃物が排出され便秘が解消されるからです。腸内環境が改善され、肌のできものが治ることもあります。また、明日葉に含まれるカルコンは新陳代謝を高め脂肪を燃焼させる効果を持っています。桑の葉には糖分を蓄積しにくくする効果があるので、ダイエットなら明日葉と桑の葉が入ったものを選ぶと良いでしょう。また、青汁自体もお腹が膨れるので飲むことによって満腹感を得ることができます。


<いつ飲めばいいのか>

満腹感を利用するためにも、多く食べる食事の直前が適しています。もちろん食事を減らしすぎては健康を害してしまいます。夕食の直前に青汁を飲んで夕食を減らすといった方法が良いでしょう。食べる量は急激に減らさなくても、少し減らして後は青汁の効果に頼れば痩せていくことができるはずです。焦らずに生活を整えて食事量を一定に保ちながら継続することが重要です。

いろんな青汁について

一般的にあまり普及していないため聞きなれない青汁もたくさんあります。しかし、どれも栄養価的には非常に高く、みなさんの健康の手助けをしてくれることは間違いありません。単調な味に飽きた時や、気分を変えたいときなどに飲み変えたりしてみても面白そうだと思います。継続は力なり、ということわざもあるぐらいですから良い生活習慣を継続させていきましょう。


<明日葉青汁>

明日葉は、ケールや大麦若葉に次ぐ原料として注目を集めています。今日摘んだ芽が明日には出るために「明日葉」と名付けられたというほど生命力の強い植物です。血圧を安定させるカリウムや食物繊維が豊富なのが特徴です。


<緑茶青汁>

緑茶を使用した青汁はとても飲みやすく、抹茶に近い味わいだと言われています。ビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維が多く入っているため、野菜不足と感じている方の栄養補給や健康維持に効果が期待できます。


<ゴーヤ青汁>

ゴーヤは沖縄で有名な野菜です。非常に苦味がつよく、苦手な人が多い食材ですが、ゴーヤは古くから中国などでも薬用として利用されるほど効果のある食材です。ビタミンCやカリウムが多く含まれており、近年では健康野菜としての注目を集めている食材です。

青汁に含まれる食物繊維はどんなもの?

粉末でお湯などに溶かして飲むタイプの青汁に、食物繊維配合などと書いてあるのを見たことがあるかと思います。食物繊維とはごぼうやキノコなどに含まれているもので、胃などでは消化されず、腸を動かしてくれる効果があるものというイメージがありますよね。水分に含まれる食物繊維とはどんなものなのでしょうか?


青汁の持つ水溶性食物繊維はダイエットにも効果的

青汁などに入っている食物繊維の中に、水溶性食物繊維があります。これは文字のまま、水に溶ける食物繊維のことです。私たちが便秘などで積極的に摂取するごぼうなどは不溶性食物繊維と呼ばれているものです。水溶性食物繊維の特徴は粘着性のあるものというイメージを持ってください。わかめなどヌルっとしていますよね?あのぬるぬるが食物繊維なのです。胃腸の中をゆっくりと移動するので、空腹感を抱きにくいという効果があります。


選ぶなら食物繊維配合のものを

青汁は会社によって含まれている栄養分などが違います。そのため、ダイエットを目的に青汁の摂取を考えるのであれば、できれば食物繊維も配合されているものを飲むといいでしょう。便秘などお通じ面のトラブルも解消してくれますし、解消されることで肌なども大きく変わると言われています。美容は内臓からとよく言いますから、自分の欲しい効果を持つ栄養をしっかりチェックしましょう。

青汁選びはランキングをチェック!

青汁を選ぶときに何を注目していますか?これから飲み始めたいと思っている人も多いかと思いますが、いざ選ぶとなると値段や効果も幅が広く、迷ってしまいますよね?ここで便利なのがランキングサイトです。このようなサイトでは、値段や効果、口コミ情報などを見ることができます。


青汁1杯の値段や含まれる栄養もわかる

ランキングサイトによって多少変わってくるのですが、青汁の場合は含まれている栄養素などが会社によって違うことが考えられます。そのため、含まれる栄養分などを一覧に比較できたり、1杯分の値段を一気に比較することができたりします。自分の予算や苦手な味、避けたい栄養素、摂取したい栄養素などを合わせて考えてみましょう。


続けることができる味と値段を

青汁は数日で飲むことを辞めてしまうのでは効果がありません。長期間、持続して摂取することで更に効果がよくわかると言われています。そのため、毎月無理なく続けることのできるもの、そして飲み続けることのできる味を選ぶようにしましょう。水やお湯の他にも、ミルク割りやアップルジュースなどで割る事で飲み続けやすくする方法もありますので、飽きない飲み方も同時に考えておくといいかもしれませんね。

青汁を料理に使うとヒスイ色になる

突然ですが、ヒスイ色ってご存知ですか?透き通るようなグリーンをさす色で、中華料理などでホウレンソウを練りこんだ麺のことをヒスイ麺などと呼んでいます。青汁の粉末タイプのものを利用して、料理に活用することできれいなグリーンのお料理が簡単にできるそうです。


青汁を食べる!料理

青汁はバニラアイスやヨーグルトに振りかける、ミルクやアップルジュースなどで割って飲むという工夫の他に、実際にメインディッシュの料理に利用するという手があります。青汁の特徴でもある濃いグリーンが料理に出ることから、ヒスイ色のお料理ができると言われています。もちろん、市販のほとんどのものは着色料なども使っていませんから安心ですね。


ケーキなどスイーツに混ぜてしまう人も

中にはパンケーキやスイーツを抹茶風味で作るときに利用する人もいるそうです。抹茶味のものは、あの抹茶独特のグリーンと、苦みが特徴となっていますよね。粉末上で、のむときに水に溶かすタイプの青汁はケーキなどに混ぜて利用するときれいなグリーンのケーキになるそうです。また苦みなども気になりにくいので、小さな子供がいる家庭では積極的に青汁を摂取するために作るお母さんもいるそうです。ジュースで割るだけでなく、食事やおやつにも利用できるのはうれしいですね。

青汁でダイエットできるって本当?

青汁は中高年の人向け健康食品だと思っていませんか?少し前はこのようなイメージが強く、実際に青汁を飲んでいるのも、高齢層が多かったそうです。しかし、現在では若い女性が飲むということが増えていると言われています。理由として、手軽に始められること、ダイエット効果があると言われていることにあります。


美容に敏感な女性は青汁?

少し前にテレビで、グリーンスムージーなどが話題になりましたよね?これは小松菜などを生のまま氷やミルクと一緒にジューサーにかけて、効率よく生の緑黄色野菜を摂取することを目的としていたようですが、青汁にも同じような効果があります。特に粉末タイプは安いものなら1杯数十円程度で済むこと、購入したからといって直ぐに使い切る必要がないくらい、日持ちすることなども挙げられるそうです。


ダイエットを意識できる

青汁にダイエット効果があるかどうかという点では明確に、絶対に痩せるとは言い切れませんが、やはり体のことを考えて栄養価の高いものを摂取すること、意識的に食物繊維やビタミンを摂取することでお通じの面などで効果が出やすい飲み物であると考えることもあるそうです。少しでも目に見える結果が早く出ることで、やる気やモチベーションの維持にもつながると言われているそうです。

青汁はジュースで割っても美味しい

青汁を飲んでいる家庭が多いそうです。子どもや妊婦さんでも飲むことができ、ご飯などにコップ一杯の青汁を追加するだけで、ビタミン不足や食物繊維などを簡単に補えると非常に評判がいいそうです。お通じなどもよくなることから、ダイエットに効果があったという人もいると言われています。


ミルクや乳酸菌飲料にもぴったり

青汁はミルクなどで割って、ラテのように楽しむという人が多いと言われています。乳製品はコクがありまろやかなので、青汁のにがみなどを甘みで和らげてくれるという意見も多いそうです。中にはクリームパスタのクリームに青汁を利用する例もあり、ミルクだけでなく、ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料に溶かして飲む家庭も多いと言われています。


青汁に苦みやにおいに敏感な人はジュースで

昔に比べると非常に飲みやすくなり、味も抹茶に近いものが増加していますが、それでもにおいや味に敏感な子どもなどは、苦みを感じることがあるそうです。また特有の青臭さを気にするという声もあると言われています。こんなときは、リンゴジュースなどで割って味わってみるのはいかがでしょうか?フルーツの甘みや香りで、野菜特有のくせが緩和されるそうです。